「水戸はダメだな。死ね」 “茨城県PR”担当部長が・・・

JNN/TBS

1月12日(土)9時12分

 茨城県の魅力向上に取り組む県の担当部長が、自身のフェイスブックに「水戸はダメだな。死ね!」と書き込んでいたことが分かりました。

 問題の書き込みをしていたのは、茨城県の魅力向上に取り組む県の営業戦略部の56歳の部長です。茨城県によりますと、今月5日夜、部長のフェイスブックに「水戸はダメだな。死ね!」と書き込まれているのを知人が見つけ、指摘を受けた部長本人が2時間後に削除したということです。県の聞き取りに対し、部長は「酒を飲んでいて記憶がなく、なぜ書き込んだのか分からない。反省している」と話しているということです。

 部長が所属する県の営業戦略部は民間の調査会社が毎年発表する「都道府県別魅力度ランキング」で、茨城県が6年連続最下位となっていることなどから、観光振興や企業誘致のため去年4月に設置されたばかりでした。

 茨城県は今回の問題について「フェイスブックでの仲間内の発言とはいえ、立場を考えれば『軽率』と言わざるを得ません」とコメントしたうえで、県知事から部長に対し厳重に注意したことを明かしました。(11日20:56) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×