“地面師”事件、「主犯格」の男を逮捕

JNN/TBS

1月12日(土)7時35分

 積水ハウスが「地面師」グループに63億円をだまし取られた事件で、11日、主犯格の男が警視庁に逮捕されました。

 「地面師」グループの主犯格、カミンスカス操容疑者(59)は11日、逃亡先のフィリピンから日本に移送され、逮捕されました。

 カミンスカス容疑者はおととし6月、東京・品川区の旅館の跡地について法務局に偽造した書類などを提出し、不正に登記しようとした疑いが持たれています。カミンスカス容疑者は積水ハウスとの商談を取り仕切り、63億円をだまし取ったとみられていますが、取り調べに対し、「文書の偽造や虚偽の登記申請という犯罪には関わっていません」と容疑を否認しています。

 カミンスカス容疑者は主犯格の中で唯一、積水ハウスと直接やりとりをしていて、警視庁は、今後の取り調べで全容解明を進める方針です。(11日23:12) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×