アメリカ軍、シリア撤収を開始

JNN/TBS

1月12日(土)7時35分

 シリアで過激派組織「イスラム国」の掃討にあたっていたアメリカ軍が、現地からの撤収を始めたことが分かりました。

 AP通信などによりますと、シリアで「イスラム国」の掃討にあたってきた有志国連合の報道官は11日、「米軍が駐留からの撤収作業を始めた」と明らかにしました。アメリカの国防当局者は北東部の基地から装甲車およそ10台などを隣国イラクに移動したものの、部隊は維持しているとしています。

 トランプ大統領は先月、「シリアでの『イスラム国』は撃退した」として、駐留米軍の短期撤収を表明したものの、今月に撤収に時間をかける方針に転換しています。しかし、アメリカ軍の撤収でシリアに混乱が広がることを懸念する声が高まっています。(12日05:32) JNN/TBS

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×