政府機関閉鎖に反対、米首都でトランプ政権への抗議集会

JNN/TBS

1月12日(土)9時12分

 ワシントンでは10日、政府機関の閉鎖に反対する労働組合などが中心となったトランプ政権への抗議集会が開かれました。

 「政府閉鎖をやめろ!」

 ホワイトハウスに近いワシントン中心部では10日、20日間にわたって続いている一部の政府機関の閉鎖に反対し、速やかな再開を求める抗議集会が開かれました。トランプ政権に批判的な労働組合が中心となって開かれたものですが、実際に政府機関に勤める職員の中には、仕事ができず給与が支払われないことへの不満や戸惑いが広がっています。

 「給料がもらえず、カードや公共料金の支払いができないかもしれないと電話したよ。大変だよ」(政府機関で働く男性)
 「住宅ローンも食費も払えないわ。毎日やることがないの」(政府機関で働く女性)

 「政府機関の閉鎖に反対する人たち、私たちは仕事をしたいんだと叫びながらホワイトハウスの前を行進しています」(記者)

 トランプ大統領は政府閉鎖を解除できないのはメキシコ国境沿いの壁の建設を認めない野党・民主党の責任だと強調していますが、トランプ氏に対する反発も大きくなっていて、アメリカ社会のさらなる混乱が懸念されます。(11日23:59) JNN/TBS

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×