日仏外務防衛閣僚会合、中国念頭に「海洋対話」発足で合意

JNN/TBS

1月12日(土)16時23分

 日本、フランス双方の外務防衛閣僚が会合を行い、インド・太平洋海域での安全保障で連携を強化するため、新たに「包括的海洋対話」を発足させることを決めました。

 フランス東部ブレストで現地11日午前に行われた会合には日本から河野外務大臣、岩屋防衛大臣、フランスからルドリアン外相、パルリ国防相が出席しました。会合では南シナ海などで権益を拡大する中国を念頭に、インド・太平洋海域での安全保障でより緊密に連携していくため、両政府間に「包括的海洋対話」を発足させることで合意しました。

 また、河野外務大臣は共同記者発表で北朝鮮船舶による違法な海上活動、いわゆる「瀬取り」を監視するため、フランス政府が今年上半期にも艦艇を派遣することに感謝すると述べました。

 日本とフランスは去年7月にACSA=物品役務相互提供協定に署名するなど、外交、防衛分野での協力関係を深めています。(12日10:08) JNN/TBS

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×