放課後児童クラブの女性職員、小1男児の足をテープで固定

JNN/TBS

1月12日(土)21時58分

 栃木県那須烏山市の小学校の放課後児童クラブで、女性職員が言うことを聞かなかった1年生の男の子の足を粘着テープで固定していたことがわかりました。

 放課後児童クラブを運営するNPO法人によりますと、先月27日、昼食のときに歩き回ったり、言うことを聞かなかった小学1年の男の子の足に女性職員(30)が粘着テープを貼り、正座の姿勢で固定したということです。

 別の職員がすぐに気付き、粘着テープをはがしたということで、男の子にけがはありませんでした。

 女性職員は「男の子が言うことを聞かず、歩き回らないよう貼った」と話しているということです。

 NPO法人は男の子と保護者に謝罪し、女性職員を1か月の謹慎処分としています。(12日16:40) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×