日本勢は1回目途中棄権=W杯アルペン男子

時事通信社

1月13日(日)0時23分

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は12日、スイスのアデルボーデンで男子大回転第6戦が行われ、新賢範(ブレイン)、成田秀将(カワサキフィールドク)、石井智也(ゴールドウイン)はいずれも1回目で途中棄権した。

 マルセル・ヒルシャー(オーストリア)が合計タイム2分26秒54で制し、W杯今季8勝目、通算66勝目を挙げた。

 【時事通信社】

スポーツトピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×