民主カストロ氏が出馬表明=オバマ前政権閣僚、移民3世-米大統領選

時事通信社

1月13日(日)9時26分

12日、米テキサス州サンアントニオで、次期大統領選への出馬を表明するフリアン・カストロ氏(AFP時事)
クリックして拡大

12日、米テキサス州サンアントニオで、次期大統領選への出馬を表明するフリアン・カストロ氏(AFP時事)
 【ワシントン時事】2020年米大統領選の民主党候補者選びで、オバマ前政権で住宅都市開発長官を務めたフリアン・カストロ氏(44)が12日、正式に出馬を表明した。カストロ氏はメキシコ移民3世で、初のヒスパニック系大統領を目指す。

 テキサス州サンアントニオ市長などを歴任したカストロ氏は地元の集会で、「新しいエネルギーを必要とする時代だからこそ、大統領を目指す」と出馬表明。移民家族の離散を招いたトランプ政権の不法移民対策について「もっと賢くて人間的なやり方がある」と批判した。

 【時事通信社】

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×