ビル解体現場から火で騒然、熊本・中央区の繁華街

JNN/TBS

2月12日(火)4時06分

 11日午後、熊本市中央区のビル解体現場から火が出て、繁華街は一時、騒然となりました。

 警察などによりますと、11日午後1時半ごろ、熊本市中央区の5階建てビルの解体現場から「煙が上がっている」と110番通報がありました。

 消防が駆けつけ火はおよそ30分後に消し止められましたが、解体中のビルの壁や天井などおよそ3平方メートルが燃えました。けが人はいませんでした。

 当時、現場では作業員6人がガスバーナーで鉄骨を解体していたということで、火花が周辺の断熱材や廃材に燃え移ったとみられています。火事があったビルは熊本市役所と商店街の間にあり、3連休最終日で賑わう繁華街は一時、騒然となりました。(12日04:00) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×