建設中の東京五輪会場を公開

JNN/TBS

2月12日(火)12時41分

 東京オリンピック・パラリンピックの開幕が1年半後に迫るなか、建設中の競技会場が報道陣に公開されました。

 「カヌー・スラロームが行われる競技場のスタート地点です。本番ではここに水が流れ、実際の競技コースとなります」(記者)

 12日朝、半年ぶりに公開されたのは東京都が整備を進めている「カヌー・スラロームセンター」です。

 全長およそ200メートルの水路に流れを作り出す、国内で初めての人工競技場で、新たに完成したスタート地点のエリアが披露されました。現在、工事は7割ほど進んでいるということですが、去年、一部の工事を担っていた業者が経営破綻したため、完成時期は当初の今年5月から7か月遅れの12月にずれ込む見通しです。

 午後には、バレーボールなどが行われる「有明アリーナ」や選手村の一部も公開されます。(12日11:01) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×