別工事でも官製談合疑い=西宮市職員を新たに逮捕-兵庫県警

時事通信社

2月12日(火)17時22分

 兵庫県西宮市が発注した下水道工事をめぐる官製談合事件で、県警捜査2課は12日、別の土木工事に関する入札情報を業者に漏らしたとして、官製談合防止法違反などの疑いで、同市土木局道路建設課副主査の瀬戸亮太容疑者(32)=神戸市東灘区森北町=を逮捕した。

 また、同課は瀬戸容疑者から入札情報を得て落札させたとして、公契約関係競売入札妨害容疑で、建設会社「大喜建設」(西宮市)部長の竹本元計容疑者(51)=同容疑で逮捕=を再逮捕。2人の認否は明らかにしていない。

 逮捕容疑は昨年8月上旬、市が発注したのり面補強工事の一般競争入札で、瀬戸容疑者が設計価格を竹本容疑者に漏えい。情報を基に、竹本容疑者が同社に工事を落札させた疑い。

 【時事通信社】

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×