トヨタ、米国内工場に新たに830億円投資へ

JNN/TBS

3月15日(金)10時27分

 トヨタはアメリカ国内の工場に新たに830億円を投資し、ハイブリッド車の生産能力などを強化すると発表しました。

 トヨタが14日に発表した声明によりますと、アラバマ州やケンタッキー州などの工場に新たに7億5000万ドル=およそ830億円を投じ、現地の雇用もおよそ600人増やすとしています。このうち、ケンタッキー州の工場では「レクサス」ブランドのセダン「ES」や人気の多目的型スポーツ車「RAV4」のハイブリッド車を新たに生産する方針です。

 アメリカ国内への投資をめぐっては、トヨタは2017年に5年間で100億ドルを投資すると発表しましたが、今回、これが130億ドルに膨れ上がる見通しであることも明らかにしていて、アメリカ経済への貢献を改めて強調した格好です。(15日05:10) JNN/TBS

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×