円続落、111円台後半=東京市場

時事通信社

3月15日(金)11時11分

 15日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=111円台後半に続落している。日銀が開催中の金融政策決定会合で、追加金融緩和に前向きな姿勢を示すのではないかとの思惑から円売り・ドル買いが先行している。午前11時現在は、111円85~85銭と前日比27銭の円安・ドル高。

 【時事通信社】

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×