ダルビッシュ、復活へ一歩=スライダーに活路-米大リーグ・カブス

時事通信社

3月15日(金)11時01分

レンジャーズとのオープン戦で先発し、力投するカブスのダルビッシュ=14日、米アリゾナ州メサ
クリックして拡大

レンジャーズとのオープン戦で先発し、力投するカブスのダルビッシュ=14日、米アリゾナ州メサ
 カブスのダルビッシュの出来はいまひとつだった。直球は走りも制球も悪く、一回にいきなり四球と2安打を許して1失点した。

 二回も無死一、二塁のピンチを迎えた。だが、ここからは変化球を中心に打ち取って切り抜け、三回以降はスライダーを主体として組み立てた。「打者がスライダーと分かっていても、待てない感じの空振りをしていた」。この回先頭のグスマンには、直球を一球も投げずに三振。三回以降は無安打に抑えた。

 「ピッチャーだったら(こういうことは)誰でもあると思う。何もない日もある。でも、きょうはスライダーがあったし、いい練習になった」。五回途中まで3安打4四死球で1失点。内容にはばらつきがあったが、調子の悪さを工夫して立て直す、シーズンさながらのマウンドとなった。

 五回先頭に四球を与えて降板したが、目標にしていたイニングには達した。「本当に一歩一歩階段を上がっていっている感じはする」。復活のシーズンに向け、確かな手応えを感じている。

 【時事通信社】

スポーツトピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×