殺人認めず懲役6年=鉄パイプ殴打、男性死なす-千葉地裁

時事通信社

3月15日(金)19時06分

 千葉県成田市で昨年3月、会社役員の加藤和夫さん=当時(69)=を鉄パイプで殴って殺害したなどとして、殺人罪などに問われた飯島健司被告(77)の裁判員裁判の判決が15日、千葉地裁であった。松田俊哉裁判長は「殺意があったと認定するには合理的な疑いが残る」として傷害致死罪を適用し、懲役6年(求刑15年)を言い渡した。

 松田裁判長は「結果として当たりどころが悪かったため、高齢で持病もあった被害者が死に至ったことも考えられる」と指摘した。

 【時事通信社】

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×