米、台湾にF16訓練提供=売却総額560億円

時事通信社

4月16日(火)9時32分

 【ワシントン時事】米政府は15日、台湾に対してF16戦闘機の操縦士訓練プログラムや支援装備などを売却する方針を米議会に通知した。売却総額は約5億ドル(約560億円)。米政府はこの方針について「(東アジア)地域の基本的な軍事バランスを変化させない」としている。

 台湾はF16を既に保有しているが、中国との軍事力格差の拡大を懸念しており、台湾メディアによると、F16の新型モデルの売却を米国に求めている。米国は現時点で承認していない。

 【時事通信社】

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×