エンゼルスの大谷、経過良好=米大リーグ

時事通信社

4月16日(火)9時36分

 【アーリントン時事】米大リーグ、エンゼルスのオースマス監督は15日、遠征に同行せず、本拠地アナハイムで右肘手術からの復帰を目指して調整している大谷翔平選手が同日に医師から経過は良好との検診結果を受けたと明かした。

 これまで通りキャッチボールと打撃練習を続け、「あと1週間ほどで実戦形式の練習に入れるだろう」と述べた。5月中に打者としての復帰が見込まれている。

 【時事通信社】

スポーツトピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×