元ブラジル連盟会長を永久活動停止=FIFA

時事通信社

4月16日(火)10時44分

 国際サッカー連盟(FIFA)は15日、倫理規定に違反したとして、ジョゼ・マリア・マリン元ブラジル連盟会長に永久活動停止処分と罰金100万スイスフラン(約1億1100万円)を科したと発表した。

 FIFAの倫理委員会は、元会長が2012~15年に南米連盟などが主催する大会での放映権、マーケティング権に関する贈収賄に関与したと結論付けた。

 【時事通信社】

スポーツトピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×