中3・高3の英語力、政府目標に届かず

JNN/TBS

4月16日(火)12時40分

 文部科学省が英語教育の実態についての調査結果を公表し、目安とされる英語力に達している中学3年生と高校3年生の割合が、およそ4割にとどまっていることが分かりました。

 この調査は、文科省が去年12月、全国の小中高の公立学校に対して行ったもので、来年度から5・6年生で英語が正式な教科となる小学校では、中学や高校の英語免許を持っている教員が5.9%にとどまっていることが分かりました。

 英語力については、中学3年生で目安とされる「英検3級相当以上」に達している割合は42.6%、高校3年生で「英検準2級相当以上」に達している割合は40.2%と、増加傾向にはあるものの、政府が目標としている50%には届きませんでした。

 柴山文科大臣は「成果を出している地域の取り組みを他の地域に普及したい」としています。(16日11:20) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×