新貿易協定「TAG」日米交渉始まる、貿易・関税で攻防へ

JNN/TBS

4月16日(火)12時40分

 日米の新たな貿易協定、TAG=物品貿易協定交渉の初会合がワシントンで始まりました。現地からの報告です。

 いよいよ始まったTAG交渉。茂木大臣は、ライトハイザー通商代表と2時間以上にわたる1対1の議論に臨みました。

 「交渉の進め方についてどうしていくかについては、基本的に明日お話ししますけど、一致できている。かなり実質的なことも含めて議論できまして」(茂木敏充 経済再生相)

 初会合では、関税交渉の対象範囲について議論し、事前に合意している日米共同声明に沿って今後の交渉を進めていくことを改めて確認しました。

 アメリカ側からは、農産品の関税引き下げや日本からの輸入自動車への数量規制など、強引な要求が予想されていますが、茂木大臣は議論の詳しい内容は伏せたものの、あくまで「物品を中心に率直な議論ができた」と強調しました。

 一方、アメリカが求めている通貨安への誘導を禁じる「為替条項」を交渉の対象にする事については、改めて否定的な考えを示しました。

 日本は、TPPを超える水準の関税引き下げには応じない姿勢ですが、茂木大臣は2日目の会合を終えた後、具体的な交渉内容について明らかにするとしています。(16日11:37) JNN/TBS

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×