“不正融資”のスルガ銀行が業務提携

JNN/TBS

5月16日(木)5時12分

 不正融資問題で経営が悪化しているスルガ銀行は、新生銀行と家電量販店のノジマの2社と業務提携したことを明らかにしました。

 「新生銀行とは蓄積してきたノウハウが融合できれば、何か新しい取り組みができるのはないか」(スルガ銀行 有国三知男社長)

 スルガ銀行の有国社長は、15日に会見し、新生銀行と業務面で提携したことを発表しました。両者は今後、個人向けの無担保ローンや住宅ローンの分野をはじめ、法人向けも含め幅広く連携する方針です。

 また、スルガ銀行の株式を取得していた家電量販店のノジマとも、15日付けで業務提携しました。

 一方、シェアハウスなど投資用不動産融資に伴う不正融資は、疑いがある案件も含めて、あわせて1兆円を超えたことを明らかにしました。また、同時に発表した3月期の決算は、不正融資に伴う貸倒引当金の計上が響き、971億円の赤字でした。(15日21:32) JNN/TBS

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×