ウィンブルドン2年連続8強、錦織選手「調子いい!」

JNN/TBS

7月9日(火)16時26分

 テニスのウィンブルドンで錦織圭選手がベスト8進出を決めました。これまで四大大会では激戦を勝ち上がってきた錦織選手ですが、今大会は何かが違います。

 ここまで1度もセットを落とさず勝ち続けている錦織圭選手。4回戦は過去8戦全勝と相性の良いククシュキン選手が相手です。第1セットの4ゲーム、錦織選手は激しいラリーの打ち合いからバックハンドのダウンザライン、先にブレークを奪い主導権を握ります。今度はフォアハンドで会心の一撃。試合を優位に進め、第1セットを奪います。しかし、第2セット。ククシュキン選手が繰り出す回転の少ないボールの変化に苦しみます。「低い弾道で打ちづらかった」とボールは予想外の方向に飛ぶ場面も・・・。リズムを崩され、今大会初めてセットを落とします。

 それでも、錦織選手は冷静でした。チャンスボールが来ると、代名詞の「エア・ケイ」。さらに、フットワークも軽やかに、相手のロブショットに素早く反応します。最後まで集中力を切らさなかった錦織選手が2セットを連取し、2年連続ベスト8進出を決めました。

 「気持ちは変わらず、この1試合しっかり戦うことを頭に入れながら、思っていたよりもタフな相手だったので、最後は我慢しながら勝てた」(2年連続ベスト8進出 錦織 圭 選手)

 準々決勝の相手はロジャー・フェデラー選手。“芝の帝王”について錦織選手は・・・
 「すごく調子がいいので、準々決勝でフェデラー選手と対戦できて良かった。厳しい試合になると思うが楽しみたい」(2年連続ベスト8進出 錦織 圭 選手)

 一方のフェデラー選手も警戒を強めます。

 「錦織選手は最高のバックハンドの持ち主。錦織選手は体力を残して準々決勝まできている。難しい試合になると思う」(準々決勝で錦織選手と対戦 R.フェデラー選手)
(09日16:11) JNN/TBS

その他トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×