ウイグル問題、国連機関に書簡=政府

時事通信社

7月11日(木)12時22分

 野上浩太郎官房副長官は11日の記者会見で、中国・新疆ウイグル自治区で大量のウイグル人の不当拘束が指摘されることに関し、「国際社会における普遍的価値である自由、基本的人権の尊重、法の支配が中国でも保障されることが重要だ」と述べた。その上で、国連人権理事会議長らに宛ててウイグル人をめぐる人権状況に懸念を表明する書簡を、英国、フランスなど21カ国とともに8日付で発出したことを明らかにした。

 【時事通信社】

政治トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×