沖縄県、月内にも国提訴=辺野古撤回めぐり7件目

時事通信社

7月11日(木)15時41分

 沖縄県議会は11日の本会議で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり埋め立て承認撤回の効力を取り消した石井啓一国土交通相の決定は違法だとして、県が国を相手取り効力回復を求める抗告訴訟を起こす議案を、社民、共産両党など県政与党の賛成多数で可決した。月内にも那覇地裁に提訴する。今回は行政事件訴訟法に基づくもので、辺野古移設に関する国と県の訴訟は7件目となる。

 【時事通信社】

政治トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×