ハンセン病元患者の家族訴訟 控訴断念、首相談話など発表へ

JNN/TBS

7月11日(木)23時01分

 政府は、ハンセン病元患者の家族訴訟で控訴を断念したことを受け、安倍総理大臣の名前での談話や、今回の判決の問題点についての見解を示した「政府声明」を発表する方向で調整に乗り出しました。

 ハンセン病元患者の家族訴訟を巡って、政府は、先月、熊本地裁で下された国の責任を認める判決について控訴しないことを決めました。しかし、控訴断念を表明した安倍総理は、判決内容について「一部には受け入れがたい点がある」などとして、異例の対応だったことを強調しました。

Q.12日に首相談話と政府声明を発表するというような報道もありますが、調整中ということでいいか?
 「いま、さまざまな検討が行われているということです」(野上浩太郎官房副長官)

 こうしたことから、政府は控訴期限を迎える12日、今回の訴訟に関する「総理談話」を発表するほか、判決の問題点などについて政府の見解を示す「政府声明」も併せて発表する方向で調整を進めています。「総理談話」で国の責任がどのように明記されるかが焦点となります。(11日18:04) JNN/TBS

政治トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×