NY株、再び最高値=初の2万7000ドル台

時事通信社

7月12日(金)7時33分

 【ニューヨーク時事】11日のニューヨーク株式相場は、月内の米利下げ期待の高まりなどを背景に続伸し、優良株で構成するダウ工業株30種平均が史上最高値を更新して終了した。終値は前日比227.88ドル高の2万7088.08ドルとなった。3日にも終値での最高値を付けており、約1週間で塗り替えた。

 ダウはこのところ、利下げ期待に加え、米中両首脳が6月の会談で貿易協議再開で合意したことに支えられ、上昇基調が続いている。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は10、11両日の議会証言で、月末の金融政策会合で利下げに踏み切る可能性を示唆。ダウは10日の株高の流れを引き継ぎ、11日に史上初めて2万7000ドル台に乗せた。

 【時事通信社】

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×