亀田和「王者らしい試合を」=14日に王座統一戦-WBCスーパーバンタム級

時事通信社

7月12日(金)8時38分

王座統一戦を控え、写真に納まる暫定王者の亀田和毅(右)と正規王者のバルガス=11日、米カリフォルニア州カーソン
クリックして拡大

王座統一戦を控え、写真に納まる暫定王者の亀田和毅(右)と正規王者のバルガス=11日、米カリフォルニア州カーソン
 【カーソン(米カリフォルニア州)時事】13日(日本時間14日)の世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級王座統一戦に臨む暫定王者の亀田和毅(協栄)が11日、対戦相手の正規王者レイ・バルガス(メキシコ)とともに試合会場がある米カリフォルニア州カーソンでの公式会見に出席した。中学卒業後にメキシコで武者修行の経験がある亀田和は席上、流ちょうなスペイン語で「メキシコ人らしいボクシングをしろよ。俺もする」とバルガスに呼び掛けた。

 「お互い王者なので、王者らしい試合をしないと観客は喜んでくれない」と亀田和。「メキシコ人らしいボクシングとは、根性あるボクシング。絶対に逃げへん、(パンチが)効いていても、最後まで立っている、そういう試合をしたい」と力強く言葉を続けた。

 戦績は亀田和が36勝(20KO)2敗、バルガスは33勝(22KO)無敗。

 【時事通信社】

スポーツトピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×