問題集執筆で現金、警視正ら21人処分

JNN/TBS

7月12日(金)16時14分

 全国の警察幹部らが無許可で警察官の昇任試験の問題集を執筆し、出版社から現金を受け取ったとして、警察庁は大阪府警の警視正など3人を懲戒処分とし、18人を訓戒、注意しました。

 国家公務員法などに抵触したとして懲戒処分を受けたのは、大阪府警の男性警視正(58)と宮城県警から東北管区警察学校に出向中の男性警視正(56)ら3人です。

 警察庁によりますと、3人は東京・港区にある出版社の依頼を受け、警察官昇任試験の問題集の問題や解答を執筆し、およそ120万円から880万円の報酬を受け取っていました。大阪府警の警視正(58)は処分対象以外のものもあわせると、受け取った報酬はおよそ8年間で総額2000万円に上るということです。3人はいずれも12日付けで辞職しました。

 警察庁は、この3人以外にも9道府県警の幹部ら18人に対して、同様の問題で訓戒や注意をしました。(12日12:54) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×