輸出規制強化で韓国、米政府関係者に相次ぎ面会し理解求める

JNN/TBS

7月12日(金)16時47分

 日本政府による輸出規制の強化に反発する韓国政府の高官らが、アメリカ・ワシントンでアメリカ政府関係者と相次いで面会し、韓国側の主張への理解を求めました。

 「(日本の措置の)問題点と、アメリカ経済を含む世界経済に及ぼす影響、韓米日の安保協力への悪影響について、詳細に話し合う」(韓国外務省 金希相 両者経済外交局長)

 ワシントンを訪れている韓国外務省の金希相(キム・ヒサン)両者経済外交局長は、現地時間11日、国務省で日韓を担当するナッパー国務次官補代理らと相次いで面会しました。日本政府の措置を不当とする韓国側の主張を伝えたとみられ、金局長はナッパー氏との面会後、アメリカ側の反応については明らかにしませんでしたが、「十分に理解してもらう機会になった」と手応えを口にしました。

 このほかにも、韓国大統領府の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長がワシントンでライトハイザー通商代表らと面会するなど、韓国政府は外交攻勢を強めていて、来週には産業通商資源省の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長も訪米し、アメリカ政府の高官に韓国側の立場への理解を求める予定です。(12日12:51) JNN/TBS

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×