金融庁がセブン・ペイに報告命令

JNN/TBS

7月12日(金)15時24分

 不正利用などのトラブルが相次ぐセブン・ペイに対して、金融庁が「報告徴求命令」を出し、問題の原因や再発防止策などの報告を求めました。

 セブン・ペイは「セブン-イレブン」独自のスマートフォン決済サービスを手がけていますが、今月1日にサービスを開始してからおよそ900人の利用者の総額およそ5500万円が不正使用された可能性があります。これを受けて、金融庁はセブン・ペイに対し、「報告徴求命令」を出して、不正利用の原因や再発防止への取り組みなどの報告を求めたことがわかりました。

 セブン&アイ・ホールディングスは、11日から新たに傘下の「イトーヨーカドー」や「西武・そごう」のアプリについても、LINEなど外部IDによるログインを一時停止するなど、グループ全体のセキュリティ対策を見直しています。(12日15:06) JNN/TBS

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×