かんぽ生命“不適切販売” 被害者“信用していた”

JNN/TBS

7月12日(金)19時56分

 かんぽ生命の不適切な販売、被害者の証言が入ってきました。

 「オレオレ詐欺なら分かるけど、信頼してる郵便局が、こういうことをやったら」(山形在住 岡崎智子さん)

 86歳の岡崎智子さんです。去年10月、相続税対策と言われ、孫のために積み立てているかんぽ生命の保険の名義変更を依頼したと言います。ところが・・・
 「700万円の娘名義の証書になってきたので、おかしいなと思って」(山形在住 岡崎智子さん)

 岡崎さんの娘の名前で新しい保険の契約を勝手に結ばされたというのです。

 「全く青天の霹靂で、犯罪だと思う」(岡崎さんの娘)

 岡崎さんは郵便局に抗議。契約は4か月後に無効になったということです。

 「みんな郵便局を信用していた」(山形在住 岡崎智子さん)
(12日18:53) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×