個人情報を一斉メール送信=アンケート協力50人分-高知新聞

時事通信社

7月12日(金)19時54分

 高知新聞社は12日、主催イベントでアンケートに協力した50人に一斉メールを送った際、受信者の氏名やアドレスが表示されたままの状態で送信したと発表した。同社は全員に電話などで謝罪した。個人情報が悪用されたとの報告はないという。

 同社によると、一斉送信したのは、同社が4月に主催した育児イベントで行ったアンケート回答者の氏名など。今月10日、育児に関する企画を担当する男性記者が、回答者から無作為抽出した50人にメールで取材協力を依頼した際、他の送信先を伏せる「BCC」機能を使い忘れた。受信者からの問い合わせで発覚したという。

 野本裕之総合企画室長の話 あってはならないミスで、当事者の方々に深くおわびする。個人情報の厳重管理をさらに徹底していく。

 【時事通信社】

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×