台風10号、四国に上陸し西日本を縦断見込み

JNN/TBS

8月14日(水)12時04分

 大型の台風10号は、15日にかけて四国に上陸し、西日本を縦断する見込みです。多いところでは、総雨量が1000ミリを超えるおそれもあり、気象庁は厳重に警戒するよう呼びかけています。宮崎市の一ツ葉海岸からの報告です。

 「宮崎市の一ツ葉海岸です。宮崎市上空は小降り、小康状態が続いていますが、風が少しずつ強くなってきたのを感じます。そして、画面の奥は宮崎港の湾内。そして、奥の岸壁の先にあるのが日向灘です。その日向灘から高い波、強い波が幾重にも重なって岸壁を白波で洗う、そんな光景が確認できます。台風の近づきを感じさせます」(記者)

 宮崎県内は、早いところでは14日昼過ぎから風速25メートル以上の暴風域に入り、台風は、15日明け方には県内に最も接近する見込みです。台風の接近に伴い、宮崎県内はこれから大雨となるおそれがあり、15日正午までの24時間雨量は多いところで500ミリと予想されています。

 今後、暴風やうねりを伴った高波、それに土砂災害に厳重な警戒が必要です。(14日11:42) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×