韓国、きょう「慰安婦被害者を称える日」

JNN/TBS

8月14日(水)12時26分

 日韓関係が悪化する中、韓国では14日、国の記念日である「慰安婦被害者を称える日」を迎えました。まもなく、市民らによる集会が開かれるソウルからの報告です。

 「ソウルの日本大使館前です。慰安婦被害を象徴する少女像が設置されているこの場所で、日本政府に抗議する集会が30分後から始まります。『加害国の日本政府は被害者の声を聞け』などの文字が掲げられています」(記者)

 1992年から毎週水曜日に開かれてきた慰安婦問題に関する集会は、この日で1400回目です。さらに、14日は2回目となる韓国の記念日「慰安婦被害者を称える日」でもあります。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、「“慰安婦”問題を平和と女性人権に対するメッセージとして、国際社会と共有し拡散していく」などとするコメントを発表しました。

 慰安婦問題をめぐっては、2015年の日韓合意に基づき、元慰安婦らの支援を行っていた「和解・癒やし財団」を韓国政府は先月、解散しました。輸出管理の強化などをめぐり、日韓関係は戦後最悪と言われるほど悪化する中、この慰安婦問題でも今後、日本を批判する声が高まりそうです。(14日11:15) JNN/TBS

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×