西日本で宅配便に遅延=台風10号影響、今後拡大も

時事通信社

8月14日(水)21時04分

 大型の台風10号の影響で14日、西日本を中心に宅配便の配達に遅延が生じている。台風の進路によっては、15日以降、他の地域でも集配への影響が広がりそうだ。

 佐川急便は14日、沖縄、宮崎両県の全域と鹿児島県の一部地域で集荷や配達に遅延が発生していると発表。ヤマト運輸も九州や中国、四国の各地方などで荷物の配達に遅れが出る可能性があると公表した。15日にはこれらのエリアの一部で、集配や営業所での受け付け業務を停止する。

 日本郵便は今後、郵便物や宅配便「ゆうパック」などで遅れが出る可能性があるとしている。

 【時事通信社】

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×