「和解」スイーツ発売=吉本興業と石屋製菓がコラボ

時事通信社

9月11日(水)17時19分

「ゆきどけ」をPRする石屋製菓の石水創社長(右から3人目)とお笑いコンビ「タカアンドトシ」(右端2人)ら=11日午前、大阪市中央区
クリックして拡大

「ゆきどけ」をPRする石屋製菓の石水創社長(右から3人目)とお笑いコンビ「タカアンドトシ」(右端2人)ら=11日午前、大阪市中央区
 吉本興業(大阪市)と、「白い恋人」で知られる菓子メーカーの石屋製菓(札幌市)は11日、菓子「ラフ&スイーツ ゆきどけ」を共同で開発したと発表した。石屋製菓が20日から発売する。両社は、吉本側が販売した菓子「面白い恋人」をめぐって販売差し止めなどを求める訴訟に発展した経緯がある。2013年の和解から6年を経て、今回「雪解け」が実現した格好だ。

 「ゆきどけ」は、焼き菓子フィナンシェをホワイトチョコレートで包んだ。大阪に進出する石屋製菓が吉本側に商品の共同開発を持ち掛け、実現した。20日にグランドオープンする大丸心斎橋店本館(大阪市)だけで販売し、価格は6個入り1620円。11日に大阪市内で会見した石屋製菓の石水創社長は「関西の方に愛されるような商品になれば」とアピールしていた。

 【時事通信社】

経済トピックス

天気予報

天気予報

ランキング