強盗傷害の疑いで逮捕された男性を不起訴

JNN/TBS

9月12日(木)13時00分

 帰宅途中の30代の女性の後をつけ、口をふさいでバッグを奪おうとしたとして逮捕された会社員の男性について、東京地検は不起訴としました。

 東京・渋谷区の会社員の男性(37)は、先月4日夜、渋谷区の路上で帰宅途中の30代の女性の口をふさいで引きずり倒し、ショルダーバッグを奪おうとした強盗傷害の疑いで逮捕されました。女性は歯が抜けるなど全治6か月の重傷を負いました。

 東京地検は今月9日付で、この男性を不起訴処分としました。東京地検は不起訴の理由を明らかにしていません。男性は逮捕時、警視庁の取り調べに対して黙秘していたということです。(11日18:49) JNN/TBS

社会トピックス

天気予報

天気予報

ランキング