打線つながらず、首位陥落=プロ野球・ソフトバンク

時事通信社

9月11日(水)21時58分

西武に敗れて首位から陥落し、肩を落とすソフトバンクの工藤監督(右端)ら=11日、メットライフ
クリックして拡大

西武に敗れて首位から陥落し、肩を落とすソフトバンクの工藤監督(右端)ら=11日、メットライフ
 ソフトバンクは6月下旬から守ってきた首位の座を西武に奪われた。工藤監督は「負ければ首位を譲らないといけない」と受け止めた。

 打線が西武の先発、ニールの動く球に苦しんだ。テンポ良く投げられ、四回まで走者を出せず。五回にデスパイネのソロで1点を返したが、六、七回は走者を置いて柳田、グラシアルが併殺打。柳田は「スイングを崩して、自分のスイングができていない。チームに申し訳ない気持ちしかない」と反省した。

 12日は、6日のロッテ戦でノーヒットノーランを達成したエース千賀が中5日で先発する。「精いっぱい、勝てるように力を合わせてやるしかない」と指揮官。連敗だけは避けたいところだ。

 【時事通信社】

スポーツトピックス

天気予報

天気予報

ランキング