日産、取締役に要約版のみ配布=社内調査報告書の詳細示さず-米紙

時事通信社

9月12日(木)7時10分

 【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は11日、日産自動車の経営陣が取締役会に対し、前会長カルロス・ゴーン被告の不正行為に関する詳しい社内調査報告書を示していないと報じた。配られたのは要約版のみで、一部の取締役からは「(不正の)全容を知らずにどうやって再発を防ぐのか」との不満の声が出ているという。

 日産は9日に開いた取締役会で、監査委員会からゴーン被告の不正に関する調査報告を受けた。同紙が複数の関係者の話として伝えたところでは、報告書は170ページに及ぶが、取締役に配布されたのは5ページの要約版のみだった。社内の一部に報告書が報道機関に漏れることへの懸念があったとされる。

 【時事通信社】

国際トピックス

天気予報

天気予報

ランキング