お台場海浜公園で水質改善実験、東京オリ・パラの会場予定

JNN/TBS

10月6日(日)1時19分

 来年の東京オリンピック・パラリンピックでトライアスロンなどの会場となるお台場海浜公園では、水質の悪化が懸念されていますが、5日、水質を改善する実験が始まりました。

 お台場海浜公園をめぐっては、今年8月に行われたパラ・トライアスロンのテスト大会で、基準値を超える大腸菌が検出され、スイムが中止となっています。

 日本トライアスロン連合は5日、会場となる、お台場海浜公園で特殊な装置を使って、水質を改善する実験を始めました。その後、海水のサンプルは埼玉県内の工場に持ち込まれ、大腸菌や悪臭がどの程度除去できるか現在、検証が行われています。

 実験結果は9日にも判明する見通しです。(05日20:58) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

ランキング