逮捕の大学生を嘱託殺人罪で起訴、池袋ホテル遺体

JNN/TBS

10月10日(木)1時17分

 東京・池袋のホテルで36歳の女性の遺体が見つかった事件で、東京地検は逮捕された大学生の男を嘱託殺人の罪で起訴しました。

 嘱託殺人の罪で起訴されたのは、埼玉県入間市に住む私立大学4年・北島瑞樹被告(22)です。起訴状によりますと、北島被告は先月12日、JR池袋駅近くのホテルの部屋で、江東区の荒木ひろみさん(36)から依頼を受けて、両手で首を絞めて殺害した罪に問われています。

 北島被告は警視庁に殺人容疑で逮捕されていましたが、取り調べに対して「女性から殺害を頼まれた」と容疑を認める供述をしていました。東京地検は、2人のやりとりなどから、女性が殺害を依頼したと判断したとみられます。(09日19:29) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

天気予報

天気予報

ランキング