自民・世耕参院幹事長、献金は「適法に処理されている」

JNN/TBS

10月10日(木)1時17分

 自民党の世耕参院幹事長は、関西電力の幹部に多額の金品を渡していた元助役の関連会社の社長から600万円の献金を受けていたことについて、“適法な献金だ”などとして、問題がないという認識を改めて示しました。

 「全部、適法に処理されているので、何か違法性があるということではありませんから、返金する予定はありません」(自民党 世耕弘成 参院幹事長)

 政治資金収支報告書によりますと、自民党の世耕参院幹事長が代表を務める資金管理団体は、2015年までの4年間に原発プラントのメンテナンスなどを行う会社の社長から、あわせて600万円の献金を受けていました。 この会社には、関西電力幹部に多額の金品を渡していた福井県高浜町の森山元助役が退職後、雇用されていたということです。

 世耕氏は「元助役との面識は全くない」としたうえで、「適法な献金であり、返金は考えていない」という認識を改めて示しました。(09日19:40) JNN/TBS

政治トピックス

スポンサーリンク

天気予報

天気予報

ランキング