関電会長辞任、経産相「事案の重大性を鑑み、自ら判断したこと」

JNN/TBS

10月9日(水)21時28分

 多額の金品を受け取っていた問題を受け、関西電力の八木会長が辞任したことについて、菅原経済産業大臣は「事案の重大性を鑑みて、自ら判断したことだと受け止めている」と述べました。

 「その事案の重大性を鑑みて、自ら判断をしたというふうに受け止めております」(菅原一秀 経産相)

 菅原大臣は、このように述べたうえで、辞任の判断については「民間企業であり、その企業の経営判断だ」との考えを示しました。

 また、新たに立ち上がる第三者委員会については、「専門家としてエキスパートな方々」と前置きしたうえで、「第三者機関として独立性を持っているので、どこまでさかのぼって、どう調べるか委ねたい」と述べました。(09日18:03) JNN/TBS

経済トピックス

スポンサーリンク

天気予報

天気予報

ランキング