シリア、トルコ軍侵攻に「断固対抗」=領土的野心の表れと批判

時事通信社

10月9日(水)22時43分

 【カイロ時事】シリア外務省筋は9日、トルコ軍のシリア侵攻作戦について「あらゆる合法的手段で対抗する」と表明した。トルコ軍による作戦開始に先立ち、国営メディアが伝えた。

 同筋は、国境地帯のトルコ軍増強について「シリアの領土的一体性を尊重するとした国際法と国連安保理決議に違反する」と非難。「トルコの攻撃的な振る舞いは、シリアで支配領域を拡大したい野心の表れであり、正当化できない」と主張した。

 さらに同筋は、シリア北東部を実効支配し、全土掌握を目指すアサド政権と緊張関係にあったクルド人勢力を「息子たち」と呼び、「正気に戻るなら受け入れる用意がある」と共闘の可能性も示唆した。

 【時事通信社】

国際トピックス

スポンサーリンク

天気予報

天気予報

ランキング