重機倒れ、オートバイ下敷きに

JNN/TBS

10月10日(木)5時31分

 9日、東京・葛飾区の環状七号線上に高さおよそ40メートルの重機が倒れかかり、オートバイに乗っていた男性1人が下敷きになりました。

 9日午後6時半すぎ、葛飾区の中川で護岸の耐震工事をしていた高さおよそ40メートルの重機が、環状七号線上の青砥橋に倒れかかりました。警視庁によりますと、この事故でオートバイ1台が倒れた重機の下敷きになり、運転していた男性1人が鎖骨を折るけがをしました。

 工事の発注元の東京都によると、この重機は地盤を固めるためのもので、作業は船の上で行われていましたが、バランスを崩して倒れたということです。(10日00:42) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

天気予報

天気予報

ランキング