警視庁が特殊詐欺被害を防ぐイベント、高齢者ら700人参加

JNN/TBS

10月10日(木)1時18分

 11日から始まる「全国地域安全運動」を前に、特殊詐欺などの犯罪被害を防ぐ警視庁による取り組みが行われました。

 東京・世田谷区で警視庁が主催した「地域安全のつどい」には、高齢者を中心に地域住民らおよそ700人が集まりました。イベントでは特殊詐欺への注意を促すマジックショーや歌手の前田瑠美さんによるコンサートが行われ、参加した高齢者らが身近な犯罪被害と予防策について学びました。

 「特殊詐欺等の被害にあわないためには、詐欺犯人からの電話に出ないことが一番大事です。犯人と会話をしない対策を講じていただきたいと思います」(警視庁 世田谷警察署 中島昭則 署長)

 東京都内の特殊詐欺の被害額は、今年に入ってから8月末までに53億円に上っているということで、警視庁は「地域と警察署、行政機関の連携を深め、街の安全を守っていきたい」としています。(09日20:45) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

天気予報

天気予報

ランキング