71歳の母親殺害容疑で息子逮捕、無理心中図ったか

JNN/TBS

10月10日(木)0時48分

 8日夜、埼玉県狭山市で40歳の息子が71歳の母親の頭を殴って殺害したとして逮捕されました。警察は介護疲れから無理心中を図ったとみて調べています。

 殺人の疑いで逮捕されたのは、狭山市水野の自営業・中田智樹容疑者(40)です。警察によりますと、中田容疑者は8日夜、母親の照江さん(71)の頭を数回殴って殺害した疑いがもたれています。

 中田容疑者の妻が8日午後11時40分ごろ、「母親が布団の中で意識がない」などと119番通報し、警察が駆けつけたところ、1階の寝室の布団の上で倒れている照江さんと、ソファーに座っている中田容疑者を見つけたということです。

 中田容疑者は両手首を切り、睡眠剤を飲んでいたため病院に搬送され、回復を待って事情を聴いたところ容疑を認め、逮捕されました。調べに対し、中田容疑者は「介護に疲れて、母を金属バットで殴った」という趣旨の話をしていて、警察は中田容疑者が介護疲れの末に無理心中を図ったとみて調べを進めています。(09日21:37) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

天気予報

天気予報

ランキング