西武、継投はまらず=プロ野球CS

時事通信社

10月9日(水)23時56分

力投する西武先発のニール=9日、メットライフ
クリックして拡大

力投する西武先発のニール=9日、メットライフ
 西武は継投がことごとくはまらず、終盤に逆転を許した。

 1点リードの八回、セットアッパーの平井が柳田、デスパイネに連打され1死一、三塁のピンチを招いた。同点犠飛を避けたかった辻監督は「三振を取れるのは平良」と継投を選択。19歳の速球派右腕は狙い通りに松田宣を空振り三振に仕留めたが、続く代打長谷川勇に同点打を浴び、さらに森の捕逸で勝ち越し点を許した。

 七回まで引っ張った先発ニールが先頭のグラシアルにソロを打たれ、1点差に迫られたのも痛かった。昨年のファイナルステージで屈し、雪辱を期すチームにとって悔しい黒星スタート。辻監督は「あしたの試合に向かっていくしかない」と必死に前を向いた。

 【時事通信社】

スポーツトピックス

スポンサーリンク

天気予報

天気予報

ランキング