9月のビール類販売、“駆け込み”“ラグビー”で大きく増加

JNN/TBS

10月10日(木)20時19分

 消費税率引き上げに伴う“駆け込み需要”の影響で、ビール大手4社の9月のビール類の販売数量は各社大きく増加しました。

 ビール大手各社が発表した「発泡酒」や「第3のビール」を含むビール類全体の9月の販売数量は、去年の同じ月と比べてアサヒが11%、キリンが24%、サッポロが17%、サントリーが16%、それぞれ増加しました。

 今月から始まった消費増税によって、お酒の税率が10%に上がる前にビールや発泡酒などをまとめて購入する“駆け込み需要”が起きたことが主な要因ですが、ラグビーワールドカップの開催も需要を押し上げたということです。

 ただ、今月以降は反動により需要が落ち込むことも懸念されます。(10日15:27) JNN/TBS

経済トピックス

スポンサーリンク

天気予報

天気予報

ランキング