「セブンイレブン」加盟店料を減額=オーナー配慮、利益50万円改善へ

時事通信社

10月10日(木)20時23分

 コンビニ最大手セブン-イレブン・ジャパン(東京)は10日、全国2万超の加盟店オーナーが本部に毎月支払っている「ロイヤルティー(経営指導料)」を来年3月から減額すると発表した。深夜営業に伴う人手不足や人件費が膨らんで加盟店収益が圧迫されている実情に配慮する。

 今回の措置により、1店舗当たりの年間利益は平均50万円改善する見込み。一方でセブンイレブン運営本部の利益が100億円悪化するため、今後、不採算に陥っている約1000の加盟店を対象に閉鎖・移転を進める。

 【時事通信社】

経済トピックス

スポンサーリンク

天気予報

天気予報

ランキング